ご挨拶

代表社員米山睦夫

昭和45年5月当地横浜市鶴見区で税理士として独立開業いたしました。顧問先の発展を手助けし、現在に至っております。平成24年5月税理士法人米山金親会計を設立しました。私の信条は、顧問先の収支のバランスをいかにとるかです。つまりは、経理のうえで適切に計算され、適切に納税され国民の義務を果たし、地域に貢献することであります。
税のことは、我々専門家に任せていただき、毎年変わる税法等についても、よりいっそう研鑽を重ねて皆様にとって心強い味方になれるような事務所経営を目指します。

代表社員金親良実

平成10年に弊社の前身であります米山睦夫税理士事務所に入所致しました。その後、平成15年から数年間父親の闘病の関係で、実家の事業を承継して二足の草鞋をはいておりました。家業ではありますが、この中小企業経営者としての経験をしたことにより、それまで以上に税理士として経営者の方に寄り添い、少しでもお力になりたいという思いを強く持つようになりました。
今後もお客様の様々なご要望にお応えできるように、自己研鑽を積む思いでおります。高い志を持って起業される方、厳しい経済環境の中ご苦労されている経営者の方、相続のことでお困りの方、是非弊社に何なりとお申し付けください。皆様と一緒に、様々な問題を乗り越えるためのお手伝いができればと思っております。

詳しいプロフィールはこちら

略歴

米山睦夫

生年月日
昭和15年7月7日
出身地
栃木県那須烏山市
昭和45年3月
神奈川税務署法人部門 退職
昭和45年5月
米山睦夫税理士事務所 開業
平成7年4月~平成9年3月
東京地方税理士会 鶴見支部 支部長
平成9年4月~平成11年3月
東京地方税理士会 神奈川県会 副会長
平成9年10月~平成23年9月
横浜地方法務局 民事調停委員
平成11年4月~平成13年3月
東京地方税理士会 登録調査委員会 委員長
平成24年5月~現在
税理士法人米山金親会計 代表社員

金親良実

生年月日
昭和48年6月7日
出身地
神奈川県横浜市
平成10年4月
米山睦夫税理士事務所 入所
平成16年11月~平成20年1月
株式会社グリーン食品 代表取締役
平成23年4月~現在
東京地方税理士会 鶴見支部 幹事
平成24年5月~現在
税理士法人米山金親会計 代表社員

法人案内

米山金親会計の面談スペースや作業スペース、スタッフをご紹介致します。

詳細はこちら

事務所内写真

面談スペース

作業スペース

外観

スタッフ構成

税理士2名

職員4名

サービス案内

法人の方

これから起業をされる法人の方、記帳代行から決算対策、税務調査まで、トータルでサポートさせていただきます。登記に関しましても提携の司法書士と連携して、スムーズに進めていきます。是非お手伝いさせてください。

詳細はこちら

会社設立サポート

会社設立の総合的な支援と、設立後の経営について丁寧にお手伝いいたします。

事業を始めたい!そう思い立ったら、まずは当法人までご相談ください。熱意をもった方の独立開業を全力で支援いたします。会社設立手続きはもちろん、事業を成功に導くための様々なサポートプランをご用意しております。

 

~強力な資金調達力によるサポート~

 会社創業時に経営者の方が最も苦労されることひとつが「資金調達」です。特にまったくのゼロから会社を立ち上げる場合、前期実績などは一切ないため簡単には銀行融資が受けることは出来ません。この銀行融資を受ける際に重視されるのが、「事業計画書」であり、この事業計画書の信憑性次第で、金融機関から融資を受けられるかどうかが決まります。当法人は、経営革新支援等支援機関として、経営改善のための経営計画書、事業計画書の作成と実行・運用のためのお手伝いを行います。

 

~各種専門家と連携し、設立手続きをサポート~

会社設立に必要な定款の作成、認証、法人設立登記、各種許認可申請、税務署への届出など、会社を設立するにあたってやらなければならない様々な手続きについて、他士業者とも連携しワンストップサービスにて対応いたします。

記帳代行・給与計算サポート

お客様のニーズにあわせて、「必要なことを必要な分だけ」の考えのもと会計ソフト選定・帳簿体系の構築から適切にお手伝いいたします。

経営状態を正しく把握し、税務申告を行うためには日々帳簿付ける必要があります。しかし日々のお金の出し入れをきちんと管理して記録していく作業は想像以上に大変です。また、専門知識がなければ処理方法がわからないというケースも多いでしょう。

 

~帳簿がないとどうなるの?~

 万が一税務調査が入った際に、帳簿が備え付けられておりませんと売り上げや経費を証明することが困難になります。場合によっては推計課税が行われ、実際の売り上げよりも高い金額で税金を再計算せざるを得なくなる可能性もございます。

 

~忙しくて、帳簿を付けている暇がない場合はどうしたら?~

 当法人の「記帳代行サービス」を是非ご利用ください。当法人の記帳代行サービスは、煩わしい帳簿付けなどを丸ごと税理士に委託していただくサービスです。お客様に代わってプロである税理士が直接帳簿を作成します。

 

~自分で記帳したいけれど、やり方がわからないんですが?~

 税理士が直接「記帳指導」という形でお手伝いいたします。

 

また、当法人は、国の「経営革新等支援機関」にも認定されており、中小企業様の経営改善にも力を入れております。

 

決算・節税サポート

決算業務をアウトソーシングすることで、大幅な業務削減につながります。

「毎日の会計処理業務はできるが、決算処理や法人税申告書作成などは難しいので、税理士にお願いしたい」という会社様もいらっしゃるかと思います。決算のみのお手伝いでも喜んでお受けいたします。また、年末調整、法定調書合計表、償却資産税申告書等の書類作成についてもお手伝いいたします。

 

~決算処理を依頼するメリットは?~

 経験豊富な税理士が決算処理をお手伝いすることで、直前であってもある程度の節税対策が可能です。実際、決算処理をお手伝いした多くの会社様から翌年度の顧問契約を締結していただいております。

 

~申告期限が迫っている!~

 会社設立年度は、本業に追われる中、あっという間に決算月を迎えることになります。直前になって決算申告の準備ができていないことに気がつくと、社内では処理しきれない可能性があります。当法人は直前のご依頼であっても、できる限り決算に間に合わすことができるよう迅速にお手伝いいたします。

 

~保険商品を利用した節税対策、納税資金対策は?~

 会社様の会計業務において「節税」は一つの大きなテーマです。節税対策の一つの手法として、生命保険の活用がございます。すでに生命保険ご加入されている場合につきましても、会社様の状況に応じて商品を定期的に見直し最適化を行うことが必要なケースもあります。当法人は、このような生命保険の活用、最適化についてお手伝いいたします。

 

 

個人で事業をしている方

個人でこれから事業を営もうとお考えの方、すでに個人で事業を営んでいる方でご自身の申告内容に不安をお持ちの方、どのような帳簿が必要かというところから会計ソフトの導入まで、お手伝いさせてください。

詳細はこちら

記帳代行・給与計算

お客様のニーズにあわせて、必要なことを必要な分だけ会計ソフト選定・帳簿体系の構築から適切にお手伝いいたします。

経営状態を正しく把握し、税務申告を行うためには日々帳簿付ける必要があります。しかし日々のお金の出し入れをきちんと管理して記録していく作業は想像以上に大変です。また、専門知識がなければ処理方法がわからないというケースも多いでしょう。

 

~帳簿がないとどうなるの?~

 万が一税務調査が入った際に、帳簿が備え付けられておりませんと売り上げや経費を証明することが困難になります。場合によっては推計課税が行われ、実際の売り上げよりも高い金額で税金を再計算せざるを得なくなる可能性もございます。

 

~忙しくて、帳簿を付けている暇がない場合はどうしたら?~

 当法人の「記帳代行サービス」を是非ご利用ください。当法人の記帳代行サービスは、煩わしい帳簿付けなどを丸ごと税理士に委託していただくサービスです。お客様に代わってプロである税理士が直接帳簿を作成します。

 

~自分で記帳したいけれど、やり方がわからないんですが?~

 税理士が直接「記帳指導」という形でお手伝いいたします。

 青色申告の要件を満たしていれば、65万円の青色申告控除の適用を受けられますので、記帳代行にかかる経費に見合った大きな節税効果がございます。日々の記帳が重荷に感じましたらご依頼ください。

 

 また、当法人は、国の「経営革新等支援機関」にも認定されており、中小企業様の経営改善にも力を入れております。

 

確定申告

毎年一度の確定申告に関するお悩みは、当法人が解決いたします。

確定申告は。年に一度のこととはいえ、手続きの煩雑さから考えますと自ら申告されるのはとても大変なことと思います。これまで数多くの確定申告をサポートしてまいりました当法人にご依頼いただき、本業に専念していただければと思います。

 

~税理士に依頼いただくメリット~

 ご自身が見よう見まねで確定申告を行いますと、思わぬところでミスが発覚するケースがございます。万が一自分で作成して提出した申告書にミスが発覚しますと、些細な計算ミスであったとしても、延滞税や重加算税の対象となる可能性もあります。当法人にご依頼いただくことでこのようリスクを回避することが可能です。

 

~煩わしさからの解放~

 確定申告は、とにかく手間のかかるお手続きです。税理士に依頼をすれば、煩わしい帳簿付けなどからも解放されます。当法人は、お客様のニーズに合わせて、確定申告に必要な業務の中から必要な部部をご指定いただきお手伝いすることが可能です。

電子申告

当法人は、確定申告について100%電子申告にて迅速に対応しております。

 

~迅速な対応~

 電子申告のご利用により、深夜でもボタン一つで申告できるため、手続きがスピーディなることはもとより、税金の還付も早まります。お客様で電子申告をしようと思うと専用のカードリーダーなどのご準備などが必要となりますが、税理士が代理送信することが可能ですので、このような設備のご準備も必要ございません。

 

個人で不動産を売却された方

不動産の買換え、あるいはご自宅の売却などを行った際には、税制上の特例の適用を検討する必要があります。確定申告に不安のある方は、是非お手伝いさせてください。

詳細はこちら

概算取得費

不動産を譲渡した場合は、

譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)=譲渡所得金額として所得の計算を行います。

取得費は、購入代金以外にも購入時の仲介手数料等も含めて計算できます。また、購入時の書類がお手元にない場合は、売った代金の5%相当額を取得費とすることができます(概算取得費)。しかし、相続で取得した場合やかなり昔に購入した不動産でない限り、実際の購入代金で計算をしたほうが当然に有利となります。

購入時の書類がお手元にない場合もご相談ください。その他の証拠書類の収集により、概算取得費でなく申告できる場合もございます。

各種特例

譲渡所得の金額を計算するうえで、特別控除を受けられる場合があります。

マイホームを売った場合の3000万円の特別控除の特例、

公共事業などの為に土地建物を売った場合の5000万円の特別控除の特例、

平成21年及び平成22年に取得した国内にある土地を譲渡した場合の1000万円の特別控除の特例、

等ですが、各特例の適用には要件などがございます。

さら二、各買替え及び交換の特例や居住用財産の買替え等の場合の譲渡損失の損益通算及び特別控除、相続税の取得費加算など漏れなく適用することにより、申告をする必要がございます。

ご不明な点はどうぞご相談ください。

不動産売却

建物を法人に売却して、不動産所有型法人を設立したい。や、

不動産そのものの売却に困っている、買い替え不動産の購入資金に困っている等に関しましても、不動産業者あるい金融機関のご紹介により、確定申告までトータルでお手伝いさせていただきます。

是非ご相談ください。

相続は発生していないが、お困りの方

相続税は、なるべく早期の対応が大切となります。事前の相続税の試算をしてみたい。どのようにすれば、相続が争続とならないのか。認知症対策として民事信託を導入したい。等、お手伝いさせてください。

詳細はこちら

相続税のシミュレーション

現段階での相続税を試算することが、相続税対策の第一歩です。当法人では、ご相談者様の資産状況や家族構成などを調査したうえで正確に資産を行い、今後の相続税対策の重要な判断材料とします。

また、二次相続を含めてのトータルな試算や贈与税との負担率の比較などを通じた検討も行います。

節税対策

相続税を節税するためには、課税対象となる相続財産の評価を正確に把握することが重要です。そのうえで小規模宅地等の特例や相続時精算課税制度など節税に繋がるさまざまなご提案を行います。ご相談者様の資産状況に合わせて適切な節税プランをご提案いたします。

納税資金対策

相続税を支払うために自宅を手放すことになってしまった・・・というケースは決して珍しいことではありません。このような事態を回避するためには、納税資金を計画的に準備する必要がございます。生命保険の利用や土地活用による賃貸経営など様々な方法をご提案いたします。

相続の発生されている方

すでに相続が発生している方は、相続発生から10か月という申告期限がございますので、様々な手続きを迅速に行う必要がございます。弊社にお手伝いさせてください。

詳細はこちら

相続財産

相続財産には、「金銭に見積もることのできる経済的価値のあるものすべて」が該当いたします。特に名義預金や3年以内の贈与財産などについては、気をつけていただくことになるかと思います。綿密な打ち合わせにおいて、もれなく相続財産を把握して申告手続きを進めてまいります。

また、遺産相続に関する基本的な知識やお手続きの内容などについても丁寧にアドバイスさせていただきます。

財産評価

相続税申告は、財産評価がポイントとなります。特に不動産は相続税を計算するうえで非常に大きなウェイトを占める最重要ポイントです。一言で不動産と言いましても、遊休地、駐車場、自宅、アパート、農地等、不動産の種類によってその評価額は大きく異なってきます。そのため、相続税申告に不慣れな税理士が対応しますと、必要以上に高い金額で評価してしまうケースも少なくありません。当法人では、簡易CADを導入しておりますので、より正確な数値を求めることが可能です。また、必ず現地に足を運び、図面との整合性や特徴などについても直接確認いたします。適用可能な減額要素をすべて勘案して、出来る限り評価額を抑えることで、発生する相続税を軽減いたします。

納税資金対策

相続税申告時には、その相続税の納税資金が必要になります。遺産が不動産ばかりで現金・預金が少ない場合には、不動産売却、不動産担保での銀行借入、延納、物納等、個々のご事情に合わせたご提案を致します。

アクセス

京急鶴見駅
徒歩
JR鶴見駅
徒歩

※京急ガード下を歩くと雨でもほぼ濡れません

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5丁目6-9-103

TEL:045-511-5770

お問い合わせ・ご相談はこちらへお電話ください。

045-511-5770(初回30分無料)